バリ島撮影会社 BLESS BALIバリ島撮影会社 BLESS BALI

MENU
ホーム>ブレス日記>ブログ>【ナツキの部屋 #05】ブサキ寺院&バンリ市場&パンリプラン村に行ってきました@バリ倶楽部
CONTACT

BLOG

ブログ

【ナツキの部屋 #05】ブサキ寺院&バンリ市場&パンリプラン村に行ってきました@バリ倶楽部

2017年04月18日

はい!どうもこんにちは。カメラマンのナツキ(@sn531)です! 最近GoProを買って調子に乗ってます。が、使いこなせてません(́Д` )
バリ島日本人女性カメラマン ナツキ
私の紹介記事はこちら😊

絶景ビューのマハギリレストラン

絶景ビューのマハギリレストラン @ナツキ撮影


さて、この抜群に良いロケーションは、マハギリレストランというところです。 リサーチ力がなく、ネットにも疎い自分がどうして、こんな素敵ロケーションに行けたかという と、、、
この間の合コン(?)で仲良くなった、バリ倶楽部さんの「ブサキ寺院&バリ衣装体験ツアー」に参加してきたからです\(^o^)/
今回は、このツアーについて書きたいと思います!

こちらもチェック!! 合コン@ワルン沖縄の記事はこちら ^_^
✔️ ツアー会社のバリ倶楽部さんと合コンしました@ワルン沖縄

朝7:30にお迎え。ゲーマーが1名

まず当日の朝7:30にバリ倶楽部カーがお迎えに来てくれます。
今回は、ブレスの日本人カメラマン4人(あやか、なつき、ステフェン、Liee)とバリ倶楽部のガイドさん3人(あさみさん、Wiraさん、Madeさん)、+ 両社の仕掛人コニ氏という大人数だったので、マイクロバスで来てもらいました!遠足気分
本来ならご宿泊ホテルにお迎えなのですが、在住者揃いなので集合場所を決めないといけません。コニ氏より「朝からバイク乗るのしんどい」という遠回し(いや、ダイレクト)なアピールにより、カメラマンズは仕方なくコニ邸に全員集合。早朝から弓で鹿を狩るゲームしてましたよ、この人。さすが、ゲーマー。

バリ島のゲーマといえばこの人 コニ氏

バリ島のゲーマーといえば @ナツキ撮影


私はゲームができないので興味なかったんですが(-_-)、今ハマってるという石器時代をサバイバルするゲーム「Far Cry Primal」についての熱い説明を聞いていると、バリ倶楽部Tシャツに身を包んだお仕事モードのあさみさんが登場!
バリ倶楽部Tシャツに身を包んだお仕事モードのあさみさん @ステフェン撮影

仕事モード


いよいよ出発です( ́ ▽ ` )ノ

この日のガイドさん3人を紹介します

まず、今回担当してくださったバリ倶楽部のガイドさんを紹介します!

Wiraさん

バリ倶楽部の日本語ガイド Wiraさん

Wiraさん @ステフェン撮影


すごく流暢な日本語で、優しくガイドしてくれました!真面目な方なんやろなーというイメージです!
ほんとに物知りで、知識量が半端ないです。私が、あれ何?これ何?と聞いても答えてくれます。
どちらかというと、自分の知識がなくて
Na 「あれなんですか?」
Wira 「鳳仙花です」
Na 「ホウセンカ…?」
Wira 「はい、鳳仙花」
Na「…ホウセンカ…ッテナンデスカ?日本語デスカ?」
Wira 「…(^_^;)日本語です(^_^;)」
Na 「…ごめんなさい、勉強します…」
って会話があったくらい。かしこくなりたい\(^o^)/
✔️ バリ倶楽部一の芸術家気質!Wiraさんの自己紹介ページはこちら

Madeさん

バリ倶楽部のガイド マデさん

Madeさん @ステフェン撮影


いつの間にか、あとで使うお供え物買ってきてくれてたり、お腹を空かせたカメラマン​ズのためにピサンゴレン(バナナを揚げたお菓子)をかってきてくれてたり…できる男!!あと、こまめにジョークを挟みつつ秀逸な返しをしてくれます…もてる男!!
✔️ ジョークが光る陽気な男!Madeさんの自己紹介ページはこちら

あさみさん

バリ倶楽部のあさみさん

あさみさん @ステフェン撮影


説明割愛。
うそです笑
お仕事モードのあさみさんです。
撮影技術を向上すべく、ステフェンにカメラの設定を教わる真剣な姿もありました!
ステフェンに教わるあさみさん

@ナツキ撮影


後半はフラっといなくなる某ステフェンのお母さん的存在になってました \(^o^)/
✔️ 下っ端といいつつ一番仕事ができる疑惑。Asamiさんの自己紹介ページはこちら

ローカル感たっぷりでカメラマン大興奮!のバンリ市場

さてさて、一か所目。
バリ東部のバンリ県にあるバンリ市場にやってきました。

バリ島バンリ市場の様子

@ナツキ撮影


バリ島バンリ市場の様子

@ステフェン撮影


バリ島バンリ市場の様子

@ステフェン撮影


知識のない私がざっくり説明すると、今回のツアーはバリ島の細くなってるところ、空港あたりから見て、上の方のすこーし右寄りなところです。はい!
とても大きな市場で、観光客も見かけないものすごくローカルなところでした!
Wiraさんの説明を聞いてて思ったのですが、バリの方たちにとって生活の中心はお祈りなのかな、と。ほぼほぼお供え関係のものでした!
市場でお供え物を作るお花を売るイブ

@アヤカ撮影


カメラマンズ的には、もうテンション爆上げなローカル感で、シャッターが止まらない。
バンリ市場で撮影が止まらない

ステフェン @ナツキ撮影


止まらない
バンリ市場で撮影が止まらない

ニューフェイスLiee @ナツキ撮影


止まらない
カメラマンあやか @あさみ氏撮影

あやか @あさみ氏撮影


止まらなぁぁぁぁあああああああい!!!
バンリ市場

なつき @あさみ氏撮影


バリの人たちは基本フレンドリーで朗らかなのですが、ここも例外ではなく、働く方々の笑顔が素敵でした!
バリニーズの笑顔

@ナツキ撮影


バリニーズの笑顔

@ステフェン撮影


バイク移動が基本なので、駐車してるバイクの量が半端ない。
バイクの量が半端ない

@ナツキ撮影


どんなものをどんだけ買っても、バイクで持ち帰ります。バイクで持ち帰る術がすごい。
バリ島のバイク

@ナツキ撮影


まだまだツアーは序盤。もうすでにフォト活に満足なカメラマンズですが、次なる地へ移動します!
バンリ市場で記念写真

みんなで一枚 @ステフェン撮影

お花いっぱい!平和なパンリプラン村

次なる場所は、パンリプラン。

パンリプラン村

@ナツキ撮影


「世界でピー番目に綺麗な村」といわれているそうです。答えは実際ツアーに参加してガイドさんに聞いてみてください( ́ ▽ ` )ノ
断じて、忘れたわけでも聞いてなかったわけでもないですからね!
実際に村人が住んでいる家が並んでいて、村の子供が遊んでるのどかなところです。
パンリプラン村

@アヤカ撮影


その中の一軒にお邪魔させてもらって、バリ式のティータイム。中に入ると、イブ(お母さん)がこの村の伝統工芸だという竹を編んだ小物を作ってました。この村の工芸品はしっかりしていて人気なんだそうです。
パンリプラン村の工芸品

@ナツキ撮影


コーヒーを準備してくれるイブ。
コーヒーを準備してくれるイブ

@ステフェン撮影


キッチンである小屋の前で。つい侍の真似をするあたりに、日本育ちのステフェンの実はインドネシア人という血を感じました笑。
Japanese samurai

SAMURAI @ナツキ撮影


ゴザ?を引いてもらい、ティータイ​ム。
のんびりバリ式ティータイム

@ステフェン撮影


クロポンと言われるお団子のようなお菓子とバリコーヒーです。ふつうは緑色のところ、この村のクロポンは紫でした!
バリのお菓子クロポン

紫色のレアクロポン


余談ですが、バリのコーヒーは完璧にはお湯に溶けません。沈殿するのを待ってから飲むのが定番なのですが、混ぜてしまいザラザラな舌触りの中我慢して飲むっていうのは、バリ島に来たら一回は経験するあるあるなのです。自分もやりました♪(́ε` )
小休憩も終えイブに挨拶をして、ツアー再開です!回復したカメラマンズもフォト活に励みます。
ブレスバリのカメラマン

@あさみ氏


雰囲気のあるバリ寺院

雰囲気のある寺院前で@ステフェン


密かにあさみさんもフォト活
バリ倶楽部のあさみさん

あさみさん @ナツキ撮影

お腹空いたー!!絶景レストランへ

ここでようやく気づきました。まだお昼や!!早朝から活動してたため、時間の感覚がずれており忘れてましたが、ご飯やあああああ!!
ということで、冒頭でも紹介したマハギリレストランへ。絶景!

バリ島絶景のマハギリレストラン

@ナツキ


ビュッフェなのですが、それどころじゃない絶景!!
バリ東部の絶景ライステラス

@ステフェン


マハギリレストランからの眺め

@ステフェン


とか言いつつ、空腹だったのでほどほどにしてビュッフェへ。
マハギリレストランのランチ

@ステフェン


バリ島マハギリレストラン

@ナツキ


“バビケチャップ”という豚料理がオススメです!あとパイナポー♪( ́▽`)
お腹もふくれたところで、バリの民族衣装にお着替えです。 民族衣装というか、バリヒンドゥーの正装”クバヤ&サファリ”です!
バリの民族衣装にお着替え
さすが在住者たち。違和感がない…いや、やかましーわ!笑
最近では撮影に伺うホテルの警備員にもて「KTP(インドネシア人だけが持ってるID)持ってる?どこ行くの?何しに来たの?」と怒涛のインドネシア語で話しかけられ、スーパーでは見知らぬバリ人に「日本人ぽくないね!」とストレートに言われるだけあって、各々似合ってます。
さー正装に着替えたところで、いよいよバリヒンドゥーの総本山、ブサキ寺院です!

バリヒンドゥーの聖地、ブサキ寺院

実は私たち、4/5~4/15のガルンガン期間(日本でいうお盆)の真っ只中のときに行ってまして。
バリ島全域から総本山であるブサキ寺院へ、人々がお祈りをするためにやってくるという絶好タイミングでした。そのため、正装した人々で溢れかえっており、バリ感ばりばりでした!!

ガルンガンのブサキ寺院

@ステフェン


ガルンガンのブサキ寺院

@ナツキ


寺院までの道には露店やご飯屋さんが並んでいたのですが、
ブサキ寺院の参道に並ぶ露店

@ナツキ


お祭りのときにはかかせないというバビグリン(豚の丸焼き)もたくさんありました!
バビグリン(豚の丸焼き)

@Liee撮影


普段の数十倍はいそうな人の量なので、はぐれないようにバリ倶楽部の文字を追っかけまくります。
バリ倶楽部さんのガイド

@Liee撮影


ガイドさんとあさみさんが迷子が出ないように目を光らせてる中、マイペースなカメラマン勢は自由に動き回ります(́・_・`)ふぉ、フォト活、、、(́・_・`) みなさんはガイドさんの話はちゃんと聞いてくださいね笑。
知ってから周るのと知らずに周るのでは、やはり感動が違います。神様にお祈りする以上、失礼のないようにいくのがマナーです。ね、ステフェン?あさみお母様がステフェンが迷子にならないように目を配ってくれてました 笑。
さて、いよいよこの壮大な階段を登ります。
ブサキ寺院の壮大な階段

@ステフェン


そもそも高い位置にあるブサキ寺院、景色が雄大です!
ブサキ寺院の階段上からの絶景

@ステフェン


階段を登り割れ門を入ると、すごい人数の人々がお祈りをしてました。
ブサキ寺院でお祈りを捧げるバリの人々

@ステフェン


私たちもお祈りを体験させてもらう前に、【お祈りをする意味、作法、仕方】をガイドのWiraさんが丁寧に教えてくれます。
バリ倶楽部のガイドさんからお祈り作法をレクチャー
以前、日本語ガイドなしであやふやな理解のままお祈りをしたことがあるのですが、脳内をいろいろな考えがかけめぐりって集中できず・・・
今回はしっかり教えていただけたので、お祈りに集中できました。
ブサキ寺院でお祈り体験@バリ倶楽部

@ステフェン


自分を抜けてく風が違いました。しずかな空気、張り詰めてるけど苦しくない空気、気持ちの良い風。神聖な気持ちになりました。
お祈り後に集合写真

@ステフェン


お祈り後は、ブサキ寺院内を見て回りました。
お供え物は基本女性が持つということで、あやかも持ってみることに。
お祈り前のお供え物は腰より上に持たないといけない(Wiraさん談)ということで、頭の上に乗せてる姿をよく見かけるのですが、このあやかの馴染み具合!※画像参照
↓バリニーズのイブ(お母さん)と女の子
バリニーズのイブ(お母さん)と女の子

@なつき


↓ブレスバリのキュン娘あやか
ブレスバリのキュン娘Ayaka

@なつき

まとめ:ブサキ寺院に行くならバリ倶楽部さんのツアー一択で!

正直、在住であるわたしたちは行こうと思えば個人でいくことも可能です。実際、パンリプランは社員旅行の際に、ブサキ寺院は個人的に行ったことがありました。
でも、ガイドさんがいると全然違う!自分が思っていた以上に、バリのものはすべてに意味がありました。バリでよく見かける黒と白のチェック模様の布にも、チャナン(お供え物)の中のお花にも。住んでいても知らないことはたくさんあったし、民族衣装も普段は縁がないものなので初めて着れました!
会社のローカルスタッフから教えてもらうことは沢山あるのですが、やはりガイドではないので説明しきれなかったり、日本語も専門用語になると伝えきれなかったり。
今回、ほんとに良い勉強になりました。バリ倶楽部の皆さまありがとうございました!
バリヒンドゥーの総本山、ブサキ寺院に行くならバリ倶楽部さんのツアーにぜひ参加してみてください☆
✔️ バリ倶楽部さんの「ブサキ寺院&バリ衣装体験ツアー」 詳しくはこちら♪
✔️ 濃いいガイドさんによる濃いいツアーがいっぱい!バリ島現地ツアーはこちら
バリ倶楽部さんのブサキ寺院ツアー

ブサキ寺院に行くならバリ倶楽部で

ありがとうございました!

ブレスの元気印★ナツキが書いた記事

✔️ ツアー会社のバリ倶楽部さんと合コンしました@ワルン沖縄
✔︎ AYANAリゾートでホテルフォトウェディング完全ガイド① 〜敷地内編〜
✔︎ 自撮りにも使える☆スタイルがよく見える立ち方&ポーズ(すごく時間かけて書いたので絶対見て)
✔︎ カメラマン全員で社員旅行に行ってきました(BOSS抜きで)

PHOTOGRAPHER

Hashimoto

  • Instagram
  • Facebook

カイト

  • Instagram
  • Facebook

Nio

  • Instagram