花嫁様の神秘的な美しさを演出♡ ベールなびかせショットの作り方

こんにちは!ブレスバリの高橋です。
今日は花嫁様からリクエストの多い「ベールなびかせショット」について解説します!

花嫁様の神秘的な美しさを演出するベール。代表的な種類は、ショート、ミドル、ロング、バルーン、マリアベールなどですが、特にロングベールやマリアベールを風になびかせるショットは、ドレスだからこそ撮れるとあって花嫁様に人気です♡

どうやってなびかせる?

一番気になる「どうやってなびかせるの!?」という点について。

このショットはほとんどの場合、アシスタント+自然の風の力で撮影します。アシスタントがゆるくベールの端を持ったり、ベールをふわっと上にあげて手を離した直後にシャッターを切ります。

逆に言うと、アシスタントがいないと自然の風だけでは綺麗に決めるのが難しいショットです。アシスタントが居ない場合、新婦様のシングルショットでしたら新郎様にお手伝いいただき撮影できます。お二人揃ってのショットは風の条件が合わないと撮影ができません。

そのため、このショットをご希望の方には、2カメラマン(カメラマン2名で撮影するので1名がアシストできます)や、レンタルドレス(サロンスタッフが同行する場合アシストができます)をおすすめしています。

アシスタントがいると、ドレスの裾を綺麗に広げたり、お客様の荷物を持ったりと、フォトツアー全般のサポートができ、効率よく撮影できます✨

Hashimotoのコメント

このショットは風が少し吹いてるくらいが一番綺麗に撮れます。風が強すぎるとNGで、またアシスタントが居ない場合も綺麗に撮るのが難しいです。撮影の時は出来るだけ自然になびいてるように気を付けています。頭にベールを着けてなびかせる時と、肩に羽織ってなびかせる時とは、花嫁様の雰囲気や状況に合わせて変えています。

どんなベールが最適?

ロングベールであればどんな物でも大丈夫です。
長さは最低2メートルはあったほうがよく、綺麗になびいている感を出すには3メートル以上あるとベストです。

自然に風に流れている雰囲気がポイントですので、柔らかい生地が向いています😊
楽天などで2000円代から購入できる他、メルカリやミンネなどで調達される花嫁様も多いです。

それではロケーション別のサンプル写真のご紹介です♡

一番人気!サンセットビーチ

ロマンチックな雰囲気やシルエットフォトともマッチするサンセットタイムに使うのが人気です。

ベールを肩に巻いて見つめあって
ティアラ&ベールで高い位置からなびかせて
お二人の間に夕日を入れて
見つめあったシルエットフォトも綺麗に決まります
前抱っこでなびくベール。マリアベールをミドル位置で留めて自然に
ミニドレスx刺繍ロングベールが可愛らしいなびかせショット
ミドルベールでも可愛らしく撮影できますので、ぜひチャレンジしてみてください😉

二番人気!青空ビーチ

マリアベールを使って、青空に浮かんでいるような花嫁様のシングルショット。スレンダードレスとの相性もバッチリです❤️
お二人を囲むようにベールをしなやかになびかせて
ピンクのブーケとふわふわドレスで可愛らしい雰囲気にも
水面に反射させたようなショット

ホテルのガーデン

ウブドに位置する人気リゾート Maya Ubudで撮影。緑いっぱいのガーデンと白バラのブーケで上品xナチュラルに

ジンバランのインターコンチネンタルで撮影。ベールの裾をカメラに被せるようにして撮っています。

7メートルの超ロングベールも!

セブ島にある姉妹会社のBLESS CEBU撮影の一枚。

ヴィラでのナイトフォトに使ったこちらのベールはなんと7メートル!!ライトアップされたヴィラの前で、迫力のある美しいなびかせショットが撮影できました♡

セブ島フォトツアーはお任せ!ブレスセブの公式サイト

Mayuのコメント

ブレスセブのカメラマンMAYUです!こちらのショットを撮影したとき、実はカメラマンの他に協力者が2名いました!
ヴェールの折り目となる右側に一名、ベールの終点となる所のカメラマンの左横に1名いて、みんなで微調節しながら、風と戦いつつ・・の作品です。ベールの始点は、花嫁様の左手にぎゅ〜っと握ってもらっています😀

MAYUのIGはこちら

*

いかがでしたか?

花嫁様の繊細で神秘的な美しさを演出できるベールなびかせショット。ぜひ挑戦してみてくださいね。撮影のご依頼をお待ちしています😉

コメントを残す