もうすぐバリ島のお正月!ニュピ前後はタウンフォトがおすすめです

こんにちは!ブレスバリの高橋です。

バリ島は3/17にヒンドゥーのお正月・ニュピを迎えます。

町中のあちこちで完成間近のオゴオゴ(鬼のはりぼて)を見かけたり、竹飾りのペンジョールが並ぶ風景や、お祈りに向かう人々の姿を目にします。

ニュピ当日は空港を含めたバリ島の全てのお店・企業がクローズとなり、人々は家で静かに過ごし祈りを捧げます。

ニュピ前後は道路渋滞、お店が閉まったりとイレギュラーなことも多いですが、1年の中でもっともバリがバリらしく彩られるシーズンでもあります😊

そんなお祭りシーズンにフォトツアーをするなら、ぜひタウンフォトがおすすめです!

ペンジョールやお供え物で鮮やかに彩られた街や村での撮影は、バリでしか撮れないとっておきの一枚になりますよ♡

ペンジョールが並ぶバリの村で私服で撮影

ペンジョールで飾られたバリ寺院

ペンジョールが並ぶのは、ニュピ、ガルンガン、クニンガンなどの大きなお祭りの前後です。

2018年の大きなお祭りスケジュール

◎ 3月17日 ニュピ
◎ 5月30日 ガルンガン
◎ 6月9日 クニンガン
◎ 12月26日 ガルンガン
◎ 2019年1月5日 クニンガン

青空ビーチやヌサドゥア教会など、他のロケーションと組み合わせて半日で撮影するプランが人気です。LINEまたはフォームよりお気軽にご相談ください♪

コメントを残す