バリ島撮影会社 BLESS BALIバリ島撮影会社 BLESS BALI

MENU
ホーム>ブログ>カメラマン橋本が解説④ 写真がうまくなるコツは?
CONTACT

BLOG

ブログ

カメラマン橋本が解説④ 写真がうまくなるコツは?

2020年08月13日

みなさまこんにちは。スタッフの高橋です♪

今回はブレス代表の橋本に、単刀直入に『写真が上手になるコツ』について質問をしてみました!カメラ初心者の方やこれからカメラを初めてみようかな~という方の参考にどうぞ!!

その① 気持ち・想い

日本人カメラマン 橋本
写真を撮る上で一番重要なことは気持ちです。
想いがあって撮る写真と、想いなくして撮る写真ではその写真に宿るオーラが違います。

バリ島の伝統舞踊

例えば風景写真なら、自分はその風景の何を気に入って撮るのか。物撮りだったら、その商品はどんな思いで作られたのか。

料理だったら、おいしく見せるにはどうすれば良いか。また人物を撮るときも、好きになるまではしないけど、その人に興味を持たないと気持ちは入らない。と、何を撮るにしても、人やものに想いを入れて撮ることが大切。

写真の知識がついてくると、技術に頼って撮影しがちになってしまいますが、たとえ技術はイマイチでも、想いが伝わってくる写真の方が良い写真だなと思います。

バリ島のライステラス

その② 光の流れを意識する

べたっとした写真と立体感のある写真の違いは光の流れを読めているかどうか。

ファッション撮影

私たちは光の中で生活をしています。光が当たることによって明るいところと暗くなるところができ、その陰影を意識することによって撮りたいものが立体化してきます。

光がまんべんに当たっているのか、それとも陰影が濃いのか、その時の状況によって撮る方法がかわるので、光の流れを読むことが大切です。

『光の魔術師になれ!!』とのことです。

フード撮影(ナシチャンプル)

その③ 撮りたいものの目線に立つ

その①の気持ち・想いにも含まれるのですが、自分よりも小さい、子供や赤ちゃん、ペットを撮影する際は大人の目線で撮影せず、同じ目線まで落として撮影することが大切です。

海で遊ぶ犬

小さいものの目線に立って撮影することによって普段見ている景色とは異なる景色になり、またそのものの世界感がよりひきたった写真になります。

ベイビー撮影

赤ちゃんのポートレート撮影

撮影の技術は?!

以上3つが、写真がうまくなるコツとのことです。

が、技術的なことは?と思いませんか。その答えについても教えてもらいました。

日本人カメラマン 橋本
昔はカメラの技術力を売ることが写真のカメラマンの良し悪しの決め手でした。

しかしシャッターを押せば簡単に写真がとれ、ボタン1つで加工ができるデジタル社会となった今、カメラの技術力は簡単に得ることができるものになり、技術力だけで勝負することは難しいのが現状です。

写真を料理に例えるなら、カメラ技術は料理方法。おいしい料理を作るための調理方法も必要ですが、それよりもおいしく食べてほしいといった気持ちが大切ですよね。

写真も技術力が同じ写真を並べたとき、飛びぬけて良い写真になるには『気持ち!』が最も大切!!これが写真が上手になるコツです!!

とのことです!!ぜひ気持ちを入れて写真を撮ってみてください♪

☆今までの記事はこちら☆

カメラマン橋本が解説① 初心者におすすめのカメラは?!

カメラマン橋本が解説② 初心者におすすめのレンズは?!

カメラマン橋本が解説③ 【NIKON愛】ニコンしか使わない7つの理由

PHOTOGRAPHER

Hashimoto

  • Instagram
  • Facebook

カイト

  • Instagram
  • Facebook

Nio

  • Instagram